窓ガラスフィルムで暑さ対策

窓ガラスの暑さ対策

熱は、窓ガラスから多く侵入してきます。窓からの熱の流入は、全体の約70%と言われています。部屋の室温の上がる一番の原因は、窓ガラスからの熱の流入です。

西日対策が必要!

夏の強い日差しは、容赦なく窓ガラスから浸入してきます。特に夏の午後の西日はかなり強いため、暑さ対策をしなければ、室内にいても熱中症のリスクが高まります。

強い日差し対策が必要!

今すぐ解決したい、それが強い日差しです。強い日差しは、疲れ気味の人や高齢者には危ない存在です。ほんの数分でも体力が奪われ、気分が悪くなることがあります。レストランやカフェなどでも夏場の強い日差し対策で頭を悩ましているお店も多くあります。

室内にいても紫外線に注意が必要!

紫外線には、窓ガラスから浸入してきます。紫外線は、肌のシミやシワの原因と言われています。また紫外線は、家具や絨毯や畳の褪色の原因とも言われたいます。

窓ガラスを交換する

Low-E複層ガラス(遮熱タイプ)のガラスに窓ガラスを交換することで、夏の熱の流入を軽減させることができます。

すだれやよしずやを立てる

すだれやよしずは、昔から日よけとして活躍してきました。費用も安く済みますし、風情があるので日本の夏といえばすだれやよしずが定番アイテムです。

緑のカーテン

緑のカーテンとは、朝顔やゴーヤなどのつるが長くなび、葉が生い茂る植物を使ってつくる天然の日よけです。ベランダなどに園芸用のネットを立てるかつるし、つるが絡まりながら植物が生長するようにすることで緑のカーテンができます。近年は、学校などでも良く見かけます。毎日お水をあげる必要があるので、植物のお世話が好きな方におすすめです。

窓ガラスフィルムを貼る

窓ガラスフィルムは、数多くの種類があります。その中に太陽の熱を遮熱する性能が高いフィルムを貼ることで窓ガラスの暑さ対策ができます。遮熱フィルムは、紫外線カット効果と飛散防止効果もあるので、1枚で3つの性向があります。西日対策に効果的です。

窓ガラスは、採光による快適な空間を演出できる部位でもあります。
しかし、日射熱が多く流入してくる夏季の窓付近の温度は、60~70度以上にもなる事があるので
温まった物体から出る赤外線は、身体をジリジリと直接温めます。
夏季の窓周りの空間は、温度上昇することがあり問題となるケースがある。
体の弱い高齢者や園児の熱中症などがあります。
窓ガラスフィルムでは、遮熱を専門とした種類があります。
日射熱の流入を抑制し冷房の負荷を軽減することができ、CO2削減効果も期待できます。

PAGE TOP