窓ガラスフィルムのはがし方

窓ガラスフィルムの剥がし方

窓ガラスフィルムは、経年劣化します。そのため、10年~15年位で貼り変えの時期が来ます。窓ガラスフィルムの剥がし方は、幾つかあるのですが、もっとも一般的な方法が、水を浸透させる方法です。剥がしたいフィルムに噴霧器で水を充分噴霧したら、マスカラ養生シートでフィルムが貼ってあるガラス面を覆います。しばらく、その状態で放置させ、フィルムに水を浸透させます。放置時間は、フィルムの状態や季節や室温などによって違います。フィルムに充分水が浸透したら、フィルムが貼ってある、一番上部にカッターで切り込みをいれて、そこから剥がします。注意事項としては、型板ガラスやすりガラスや熱線反射ガラスのフィルムは、剥がさないようにしましょう。スクレーパーを使った作業ができないからです。剥離作業を行う場合は、注意が必要なので、初めての方は施工店に依頼したほうが無難です。

窓ガラスフィルムの張り方

窓ガラスフィルムの張り方を説明します。窓ガラスフィルムを自分で貼る際は、ガラス面をきれにしてから貼ってください。ガラス面の掃除には、スクレーパーとゴムワイパーを使います。布や雑巾などは、絶対に使わないでください。雑巾や布には、目に見えない小さなゴミが沢山付着しています。仕上げのつもりできれいな布で拭いても、小さな粒やゴミがガラス面に付着し、それらが、フィルムの間に入ってしまいます。なので、噴霧器で石鹸水を適量を噴霧したあとスクレーパーでガラス面についた汚れをはじき落とします。これで一発できれいになりますが、強化ガラスと熱線反射ガラスはスクレーパーを使わないでください。傷がつきます。スクレーパーで汚れをはじき飛ばしたあと、もう一度、ゴムワイパーで仕上げ清掃をして、貼り付け作業に写ります。貼り付け作業の詳細はこちらに記載しています。

おすすめ窓ガラスフィルム

窓ガラスのお悩みを解決する、おすすめの窓ガラスフィルムをご紹介いたします。人気NO1飛散散防止窓ガラスフィルム。日本は、地震が多いため、飛散防止フィルムを貼る施設が増えております。飛散防止フィルムは、スタンダードな機能(飛散防止とUVカット)なため価格も安く一番売れているフィルムでもあります。フォームセンターなどで自分で貼るタイプが販売していますが、施工店が販売している窓ガラスフィルムの方が、高品質もものが多く貼る作業も任せることができるので、フィルムを貼ったことが無い方は、販売施工店に依頼することをおすすめしてます。防犯フィルム、遮熱フィルム、目隠しフィルムなどが次いで人気の高い窓ガラスフィルムです。

窓ガラスフィルムメーカー

窓ガラスフィルムは、多数のメーカーがあります。一番有名なメーカーは、3Mジャパングループの3M窓ガラスフィルムです。透明遮断熱フィルムのNANO80などが有名です。3Mの他は、住友リフレサンシャインやサンゲツなどの有名企業が販売しているフィルムがあります。

PAGE TOP