窓ガラスフィルム施工、窓ガラスの種類

窓ガラスフィルム施工、窓ガラスの種類

窓ガラスフィルムを施工する際は、ガラスの種類を確認する必要があります。窓ガラスは、熱われ現象が発生する可能性があるため窓ガラスフィルム施工を行うときは必ず熱われ計算を実施します。

窓ガラスの熱われとは

窓に取り付けられた板ガラスが日射を受けた場合、ガラス中央部は早く温度が上昇します。一方、サッシにはめ込まれた周辺部分は日射を受けずサッシやクタイへの放熱などで温度上昇が穏やかになります。この結果、ガラス部分とサッシにはめ込まれた部分(かくれたガラス)に、温度上昇のギャップが生じ、そのギャップがそのガラス強度を超えると窓ガラスは破損します。その現象を熱われと言います。一般的に、熱を吸収しやすいガラス(網入り・熱吸収ガラスなど)は熱われのリスクが高いと言えます。ここでは、ガラスの種類と熱われのリスクやその他、フィルム施工時の注意点を解説します。

フロートガラス

一般的な透明ガラスのことです。熱われの危険性も低いため窓ガラスフィルム施工が行いやすいいガラスです。熱われのリスクは低いです。

型板ガラス

片側表面が加工してあるため、表面(主に内側)に凹凸があります。型板ガラスは、視界をさえぎる機能があります。窓ガラスフィルムを施工するときは、凹凸ガラス専用のフィルム(型板・すりガラス専用フィルム)を使います。凹凸面には、通常のフィルムは施工できません。型板・すりガラス専用フィルムを使います。しかし、水抜き作業ができないため気泡が残り仕上がりがあまりきれいではありません。また、凹凸面にフィルムを貼った場合、剥離作業が出来ないため、貼り替えることができません。そのため型板ガラスの施工は、外側に外側専用フィルムを施工することをおすすめします。熱われのリスクは低いです。

網入りガラス(防火ガラス)

網入りガラスは、多くの人が用途を誤解しています。網が入っているため、防犯機能や飛散防止機能があると勘違いしているケースがありますが、網入りガラスは、通常の透明フロートガラスよりも強度が低く割れやすいガラスです。網入りガラスの機能は、火災時のガラスの落下を防止の目的があります。なので防犯機能や飛散防止機能は備わっていません。また網入りガラスは、熱われのリスクが高いガラスです。

すりガラス

すりガラスは、表面(主に内側)を加工して、不透明にしたガラスです。窓ガラスフィルムを施工するときは、加工面に、フィルムを貼るときは、型板・すりガラス専用フィルムを使います。加工面にフィルムを貼る時の注意点として、加工面にフィルムを貼ると透けてしますため、目隠し効果があるフィルムなどを仕様して現在の不透明機能を保つ必要があります。また、加工面にフィルムを貼った場合、剥離作業が出来ないため、貼り替えることができません。そのため型板ガラスの施工は、外側に外側専用フィルムを施工することをおすすめします。熱われのリスクは低いです。

強化ガラス

強化ガラスは、通常のフロートガラスよりも3.5倍~4倍の耐久強度があります。また割れたときに細かい粒上になるため安全性が比較的高いと言われています。熱われのリスクも低くフィルム貼り付け施工は可能ですが、ガラス表面に傷が入りやすいため作業には注意が必要です。

熱吸収ガラス

熱吸収ガラスは、着色(黒・灰色・茶・緑)があるガラスです。ガラス製造過程で金属原料を練り込み、日射の吸収率を高め遮熱機能があります。熱われのリスクが高いため、窓ガラスフィルム施工には、熱われ計算が必須です。

合わせガラス

2枚のガラスを合わせ2重にし、ガラスとガラスの間に特殊皮膜を挟み、飛散防止効果とUVカット機能を持たせたガラスです。熱われのリスクは中です。

熱線反射ガラス

表面に金属の膜をコーティングしています。日射を反射させる機能があり、遮熱効果があります。熱われのリスクが高いため、熱われ計算が必須です。またフィルム施工作業時にコーディングに傷が入りやすいため注意が必要です。古いフィルムを剥がす作業は、コーティングに傷がはいります。

複層ガラス LOW-Eガラス

2枚のガラスと空気層でできたガラスです。空気層は、断熱効果があります。2枚ガラスの外側に、特殊な膜をコーティングし遮熱効果を高めたタイプと2枚ガラスの内側に、特殊な膜をコーティングし断熱効果を高めたタイプがあります。熱われのリスクが高いため熱われ計算が必須です。

 

PAGE TOP